登山&山歩きの水歩会は水曜日・土曜日・日曜日に山歩きをしています。丹沢・箱根・中央沿線・富士周辺・道志・奥多摩・奥武蔵など関東周辺の山を歩いています。

登山&山歩きの水歩会
山歩きの記録
水歩会 山歩きの記録 水歩会 山歩きの記録
 
CONTENTS
こんな会です こんな会です
山歩きの心得 山歩きの心得
プロフィール プロフィール
サイトマップ サイトマップ
リンク集 リンク集
ホーム HOME
西丹沢・ミツバ岳~権現山~屏風岩山 (1051m)
19年4月4日(水) 歩行6時間30分 ★★★
 
コースタイム:新松田駅(バス¥870)~9:00浅瀬入口→9:37滝壺橋→10:40ミツバ岳→11:50権現山12:05→12:45二本杉峠→14:07屏風岩山→14:20東峰→16:00大滝橋(バス¥1080)16:27~新松田駅
参加者:カモシカ、バード、まちこ、フクロウ、hanasaka、ミミ
 
ミツバ岳への登り
 
山歩る記
hanasaka:いくつかの急登を越えるとミツバ岳の頂上は緩やかな丸い頂だ。
周辺の至るところにミツマタが群生している。もう盛りを過ぎたか、白っぽくなった花も多いが黄色い絵の具を塗ったような花も残っている。ミツマタの名前のいわれは枝が三つに枝分かれしていることによる。その枝の先に黄色い花が咲く。一つの丸い花のように見えるが多くの花の集まりだ。コウゾ・ミツマタと言えば一万円札の原料だ。そう思うと沢山の一万円札がそこかしこに咲いているようにも見える。
ミツマタを充分楽しんでから権現山を目指す。登るにつれ地面に雪が現れ始めた。雪もちらついてくる。今朝電車で見た大山の800m位から上に雪が積もっていたが、やっぱりあれは現実だった。お昼に近いので立ちながらの昼食となる。こんなこと何処かでもあったなと思ったら何年か前の三浦アルプスだった。権現山から二本杉峠へ向けては下りになる。100m程下ると雪は止み地面の雪もなくなる。ちょうど900mから上に雪雲がありそこから上が雪が降っているようだ。ちょっと不思議な感じだ。二本杉峠からは急な登りとなる。屏風岩山、東峰を越え、いくつかのミツマタの群生地を見る。アラレからミゾレへと降りしきる急な沢筋を下りに下り大滝橋へと着いた。青空も見え始めた帰りのバスの中で白銀に輝く丹沢の峰が見えて歓声があがった。

バード:バスの中から 丹沢湖の周りに満開の桜が見え きょうはお天気が良くてよかったなあと思いました。ミツバ岳へ向かって登る途中 地図にも載っていないという道をミミさんが スイスイと迷う事もなく登って行かれたので まずビックリしました。ミツバ岳に着くと うす黄色い三椏が一面に咲いていて はるか下の方までも ず~と続き本当に見事でした。
権現山を目指す途中で 木の枝に雪が積もっているのを見て思わず ”ワ~雪ダ~” と叫んでしまいました。私にとっては今年初めて見る雪でした。 さらに登ると あたり一面に雪が積もっていて 雪化粧がとてもきれいでした。 こんな雪の中をアイゼンもつけないで歩けるなんて ナント ラッキー!と思い 嬉しくてたまりませんでした。 というのも アイゼンを付けて行く山には 最初から私は参加するつもりはなかったので。アラレが降ってきても 私の背中をやさしく撫でてくれる様で嬉しかったです。
今度は下って行くと雪がうそのように 明るく山々が良く見え晴れていて一度に冬から春になったかの様でした。最後の下りになる手前の所も 三椏の群生が一面に咲き本当にきょうは 思いっきりたくさんのきれいな三椏達を見れて幸せでした。企画して下さったミミ様には おやさしい ご親切なご指導を受けお世話様になり 心から感謝いたします。ありがとうございました。

フクロウ:ミツマタの花は木立の中にひっそりと咲くイメージでしたが、今回ミツバ岳の群生を見て、そのどれにも当てはまらないことを始めて知りました。
また、予想外の季節はずれの雪に覆われた山頂付近の木立は、繊細な白いオブジェそのままの美しさで輝いていました。しかし、荒天が予想されるなか、しかも雪が舞い始めた状況下では、もし、自分一人であったらば、とても雪や花の美しさを堪能する気持ちのゆとりは全くなかったと思います。これからお天気はどうなるのか・・・、風雨が強くなってくるのか? 気温が急速に落ちてくるのか? 経験不足で先の展開が読めず、不安ばかりが募っていったと思います。
お陰様で、ミツマタの群生や雪山の美しさのみならず、少しばかり経験の幅を広げることができました、ありがとうございました

カモシカ:山麓でも山肌が芽吹き木々で彩られ始めた 丹澤山塊ミツバ岳もミツマタの花を観賞する 何組かのグループ 人気ある山とみえて踏み跡もしっかり ミツマタは何箇所の群生で生いしげり ほのかな香りを放し山全体が明るく感じ群落には驚きと感激 途中晴れ間あり雨、ミゾレ、雪と丹澤ではの季節の移り変わりを一日にして実感 丹澤は雪が似合うな~と 帰り小田急線の車窓からも大山周辺の山全体がうっすらと雪化粧し桜と思いがけない4月の雪を楽しめました
  クラブツーリズム テーマ旅行
  東京・大阪・京都・名古屋・福岡などを結ぶ快適・格安夜行バス!
  日帰りツアー・ぽけかる倶楽部
  エクスペディア、Expedia
WWW検索
カスタム検索
HOME 山歩きの記録
 
Copyright (C) 2012 水歩会 All Rights Reserved