登山&山歩きの水歩会は水曜日・土曜日・日曜日に山歩きをしています。丹沢・箱根・中央沿線・富士周辺・道志・奥多摩・奥武蔵など関東周辺の山を歩いています。

登山&山歩きの水歩会
山歩きの記録
水歩会 山歩きの記録 水歩会 山歩きの記録
 
CONTENTS
こんな会です こんな会です
山歩きの心得 山歩きの心得
プロフィール プロフィール
サイトマップ サイトマップ
リンク集 リンク集
ホーム HOME
中央沿線・陣馬山 (857m)
19年3月14日(水) 歩行3時間50分★
 
コースタイム:陣馬高原下バス停10:20-10:45新ハイキングコース入口10:50-11:50和田峠分岐11:55-12:10陣馬山(昼食)陣馬山13:15→(コース変更:一ノ尾根ルート)→13:50第二和田分岐13:50→14::15上沢井分岐14:20-15:20陣馬山登山口バス停→15:50 藤野駅帰路:藤野駅15:57発東京駅行き
参加者:バード、わんわん、たんぽぽ、いしまつ・(友人)、ranran、フクロウ
 
和田峠分岐
 
山歩る記
フクロウ:少し冬が戻ったかなと感じるくらいの寒さの中、山頂のお昼のおにぎりを食べた後、日溜まりのポカポカとした山道を歩けば、サクサクと足下から落ち葉を踏みしめる音がしてきます。周囲をよく見ると、落ち葉が降り積もった中から、あちこちで春蘭が緑の葉を伸ばしています。よく見ると小さな緑の花が開いているではありませんか。童謡の歌詞ではありませんが、小さい春、見つけたッ!という感じでした。これから桜の便りに始まる春の花々、山菜、木々の緑・・・。そんな春が直ぐそこまで来ていることを感じた、穏やかな陣馬山のハイキングでした。

ranran:春というよりは最後の冬山歩きという感じでした。
そんな中<春蘭>を見つけたときの喜びは一入でした。
陣馬山頂上の聳え立つ富士山と360度に広がる眺望は素晴らしかったです。静かな山の中をゆっくり、のんびりと歩けた楽しい一日でした。


わんわん天気に恵まれ久し振りに山道を歩く幸せ、足元には可愛いすみれ、
落ち葉の中には春蘭の株が、あちこちにひっそり咲いていました。
見上げると青空と小さな黄色い壇香梅。フクロウさん、ゆったり
楽しい一日をありがとうございました。


バード高尾駅で集合し 久し振りに仲間の顔を見る事が出来とても嬉しい思いがしました。やっと冬眠から目覚めたばかりと言う石松さんを先頭に歩き始め 最初は少しキツイ坂道を登って行きました。まもなくすると体も慣れ 杉林のチョッとヒンヤリした空気が頬に触れ 熱くなってきた体に心地よく感じられました。
上り詰めてやっと陣馬山の頂上に着くと 快晴の青空の中に見事な富士山が 私と同じ高さで雄々と立ち まるで富士山を征服したかのようでした。 
水歩会に入り いろいろな富士山を見る事が出来て本当に嬉しく思います。
企画して下さったフクロウさんありがとうございました。 


たんぽぽナントナント陣馬山の頂上では、富士様が「やあやあいらっしゃ~い」と言う感じで、やさしくやさしく迎えてくれたではありませんか。
そこで私はすかさず富士様のやさしさにつけ込んで、色々注文を付け始めました。「え~と富士様、目線をもう少し斜め上にお願いします。」
「そうそうなかなか良いですね~。」パシャパシャパシャ。
「それでは次に、すこ~し身体をこちらに向けていただきたいのですが」。「そうそう良いですよ~。すばらしいですね~。いいですね~いいですね~。」パシャパシャパシャ。「やっぱり貴方は日本一のお方ですね~。」
パシャパシャパシャ。「う~んクラクラきちゃいますよ。」
な~て様を富士いい気分にさせながら、シャッターを切っていた私でした。
雪の冠をいただいて、青空にスッキリにこやかに、あんなに真正面から見つめられたら、ドキドキ、クラクラあ~もうだめ~。
次は何時憧れのあの方にお会いできるかしら。
  クラブツーリズム テーマ旅行
  東京・大阪・京都・名古屋・福岡などを結ぶ快適・格安夜行バス!
  日帰りツアー・ぽけかる倶楽部
  エクスペディア、Expedia
WWW検索
カスタム検索
HOME 山歩きの記録
 
Copyright (C) 2012 水歩会 All Rights Reserved