登山&山歩きの水歩会は水曜日・土曜日・日曜日に山歩きをしています。丹沢・箱根・中央沿線・富士周辺・道志・奥多摩・奥武蔵など関東周辺の山を歩いています。

登山&山歩きの水歩会
山歩きの記録
水歩会 山歩きの記録 水歩会 山歩きの記録
 
CONTENTS
こんな会です こんな会です
山歩きの心得 山歩きの心得
プロフィール プロフィール
サイトマップ サイトマップ
リンク集 リンク集
ホーム HOME
富士山周辺・大洞山(1383m)〜鉄砲木ノ頭
19年2月21日(水) 4時間 ★★
 
鉄砲木ノ頭の登り
 
山歩る記
カモシカ頭上はくっきりした青空 記録的な暖冬の2月の雪見山歩き 
背中に暖かな日差しをうけて歩いていると汗ばむ陽気 
登山口からアイゼンをつけ ほとんど斜度がない緩やかな 冬枯れの自然林のなかの静かなコースをアザミ平まで ここでは周り一面 花が咲いたような木々に積もった樹霜に見とれ
 三国山方面まではブナ林を透かし 右側には箱根連山 駿河湾 愛鷹連峰を眺めながらの稜線歩き 
鉄砲木の頭へは広々としたカヤトの原を登り 目にする眺望は広大な裾野を伸ばした均整のとれた富士山 その右手に真っ白な南アルプス 八ヶ岳が待っていた 山中湖側は樹林がなく素晴らしい絵葉書のような申し分のない絶景 
この雄大な姿にみとれ 下山コースを変更するほどの雄姿に感激!
季節を変えて是非登ってみたいです

hanasaka御殿場駅前の街並から大きな富士の片鱗が見える。
バスからも雄大な裾野を広げた富士の姿が移り変わる。御殿場の街中を過ぎ須走りの疎らな街並を抜ける。バスの停留所を知らせるアナウンスがぱったり途絶えた。セカンドからローに切り替えてバスはエンジン音を響かせて走る。
峠へ近づくにつれ道脇に雪が見え始めた。篭坂峠の霊園前は雪で真っ白だ。
この霊園奥に三国山ハイキングコースの入口がある。前日降った雪の上に靴跡が二組残っている。一つは三国山方面への足跡、一つはこちらへ向かって歩いた足跡だ。犬か狸か動物の足跡も雪の上にくっきりと続いている。
アザミ平では木々が花を付けたように白くなっている。周囲の山々も白くなっている。近づいて見ると枝に氷が付いていて遠くから見ると白く見えるのだ。
少し行くと北(西)側に道志方面の展望が開ける。黒岳・御坂山・三ツ峠の山々だ。大洞山はここが頂上かという程のなだらかなところだ。大洞山を過ぎてからはあまり太くないブナ林が続く。秋の紅葉時もよい所だろう。富士スピードウエーからだろうか車の爆音が登ってくる。篭坂峠から三国峠までは広葉樹林帯のため展望は開けないが期待した雪道が歩けた。
対照的に鉄砲木ノ頭は日当たりのよいカヤトの山だ。鉄砲木ノ頭とは変わった名前だ。どうやら東側(丹沢側)に鉄砲水ノ沢とかがあってそれが山の名前になっているようだが定かではない。黒っぽい火山砂礫を登るにつれ次第に展望が開けて来る。登山道がミズ道を造り何時しか谷のようにえぐれてくる。そのため旧道の左側にカヤトを切り開いて新しい道が作られていた。何より歩きやすいし展望もよい。砂礫とカヤトの原を登り詰めると丸い広い山頂に到着した。
富士山の頂上周辺に次々と湧き起こる雲の群れ。山中湖、道志、丹沢の山々がパノラマのように展開する。


keikoでっかい富士山の下 終日富士山を見ながらの山歩き
久しぶりに歩いた雪山 そしてカヤとに樹氷 充実した山歩きでした
何度歩いても気持ちの良い山道でした
  クラブツーリズム テーマ旅行
  東京・大阪・京都・名古屋・福岡などを結ぶ快適・格安夜行バス!
  日帰りツアー・ぽけかる倶楽部
  エクスペディア、Expedia
WWW検索
カスタム検索
HOME 山歩きの記録
 
Copyright (C) 2012 水歩会 All Rights Reserved