登山&山歩きの水歩会は水曜日・土曜日・日曜日に山歩きをしています。丹沢・箱根・中央沿線・富士周辺・道志・奥多摩・奥武蔵など関東周辺の山を歩いています。

登山&山歩きの水歩会
山歩きの記録
水歩会 山歩きの記録 水歩会 山歩きの記録
 
CONTENTS
こんな会です こんな会です
山歩きの心得 山歩きの心得
プロフィール プロフィール
サイトマップ サイトマップ
リンク集 リンク集
ホーム HOME
中央線・権現山(1311m)~扇山
18年11月29日(水) 5時間30分 ★★
 
コースタイム:JR中央本線上野原駅(タクシー)8:15~8:40和見8:50→9:25和見峠→10:10分岐→10:55権現山11:10→12:00浅川峠→13:05扇山13:45→14:45梨の木平14:50→15:50JR鳥沢駅
参加者:3名
 
和見分岐手前より富士山
 
私の山ある記 
カモシカ奥多摩 中央沿線の山々の紅葉ラインも 山から里に駆け下り
色づいた葉も散り 木々はほとんど落葉 枝もだんだん寂しくなり
早 冬のたたずまい 11月末深まりゆく晩秋の静寂の権現山~扇山歩き
霧に包まれた幻想的な幕開け 和見峠まで1時間ぐらい歩くこと・・・
そして 目の下一面の雲海の上に 奥秩父・奥多摩・丹沢道志山塊の山並が墨絵のごとく 幾重にも重なり 雲海の上と 下を完全に分け 下界は雲の中 山は青空 権現山・扇山山頂は展望の地に変わり 今日も富士山が大きな姿を現し これまでに見たことのない絶景を堪能 四季折々の美しさを織りなす山々に 回を増すごとにドップリつかってしまった感じです
この日に この権現山を計画していただいたhanasaka に感謝です
これからもこの時季に・・・ この山を・・・楽しみにしています

hanasaka:タクシーは和見入口から和見川沿いの車道を走る。途中から古い舗装になり道は細くカーブも多くなる。和見の集落が見え始め家々が点在する。道路下の斜面を利用した野菜畑の緑は心和ませる風景だ。車の折り返し場を少し行った所でタクシーを降りる。曇り空の薄暗い植林の山道を歩く。伐採した枝や木が散乱していてなんとも歩きづらい。
上の方にガードレールが見え始め林道と合流する。どうやらこの山道は廃道化しつつあるようだ。タクシーを降りてそのまま林道を歩いたほうが正解だったようだ。
霧の流れる舗装された林道を歩いていると、空がなんとなく明るくなってくる。そして空の色が少しずつ青みを帯びてきた。青空が見えると周囲の景色も一変する。車止めのゲートを過ぎた林道の左手に登山道が付いている。霧の中の薄暗い樹林帯を登る。日が差してきて木立の中を光のシャワーが降り注ぐ。木々の間から山々や空の青みが見えたり隠れたりする。
この上の稜線にはどんな景色が待っているのだろう。
そう思うと気がせくのか心なしか登る足取りも速まるようだ。


バード歩き始めた頃は少し曇り気味でしたが だんだんと陽がさし始め 木々の間から太陽の光線が燦々とこぼれ出し 時々薄赤色も見え まずは自然光の美しさを見せ付けられました。 
さらに登ってふと立ち止まると 思わず ”ワァ~” と叫んでしまいました。連なる山々の間に雲海が広がり 紅葉の山もあり それらに囲まれるように 毅然とした雄大な富士山が鎮座して まさに幻想的な墨絵の世界でした。生まれて初めて見る幻想的な富士山の姿でした。
降りる時はカモシカさんがスティックを貸して下さり 2本での歩き方を丁寧に教えてくれました。お陰様で 今まで怖さの塊りで降りていたのが その怖さが無くなり 安心してリズミカルに降りられるようになりました。
計画して下さったhanasakaさん いろいろ教えて頂いたカモシカさん
本当にありがとうございました。
  クラブツーリズム テーマ旅行
  東京・大阪・京都・名古屋・福岡などを結ぶ快適・格安夜行バス!
  日帰りツアー・ぽけかる倶楽部
  エクスペディア、Expedia
WWW検索
カスタム検索
HOME 山歩きの記録
 
Copyright (C) 2012 水歩会 All Rights Reserved