登山&山歩きの水歩会は水曜日・土曜日・日曜日に山歩きをしています。丹沢・箱根・中央沿線・富士周辺・道志・奥多摩・奥武蔵など関東周辺の山を歩いています。

登山&山歩きの水歩会
山歩きの記録
水歩会 山歩きの記録 水歩会 山歩きの記録
 
CONTENTS
こんな会です こんな会です
山歩きの心得 山歩きの心得
プロフィール プロフィール
サイトマップ サイトマップ
リンク集 リンク集
ホーム HOME
丹沢・大山(1251m)
16年10月6日(水)歩行4時間40分★
 
コースタイム:伊勢原駅(バス)→日向薬師8:40→9:15九十九曲入口→10:30見晴台10:45→12:15大山12:45→14:10下社→14:30かんき楼15:40→大山ケーブル(バス)→伊勢原駅
参加者:7名
 
バアソブの実(ジイソブかもしれない)
 
私の山ある記
むくげ:2年前と同じお店で食事をして月日の過ぎる速さを感じました、これからも季節ごとの山の美しさを楽しみたいです。

はなさか:昨日までの三日間降り続いた雨もやんで、久しぶりに陽が差してきた。大山を眺めながら小田急線伊勢原駅に着く。初めて参加のharryさんがもう見えていた。仲間たちが次々と現れる。バスは意外に混んでいて立ったままの発車となる。日向薬師から川沿いの車道を歩く。車はほとんど通らない。昨日までの雨のせいか沢音が激しい。道路わきの土手に薄青色のツリガネニンジンが咲いている。やがて九十九曲入口にさしかかる。これからが登山道になる。一汗かいたところで林道を横切り同じような登山道を登る。小さな白い花をたくさん付けた松風草が咲いている。そういえば上り口にキバナアキギリが咲いていたっけ。朝、天気が良かったのだが今は曇りがちの天気だ。時々思い出したように陽がさす。杉樹林帯の登りが続く。九十九曲と言うけれど本当にそれだけの数があるのかな?などと思う。急に開けた感じになって道が緩やかになってきた。見晴台が近いようだ。左手方向が見晴らせるようになる。緩やかな登りのあと見晴台に着いた。

麓のほうは見えるが、大山頂上は霧の中に包まれている。広場の地面からは湯気が立ち昇っている。しばしの休憩の後、頂上に向かって出発する。シラヤマギクやセキヤノアキチョウジが咲いている。ここのシラヤマギクはきれいだ。はじめて写したいと思った。登りに次ぐ登りの末にようやく頂上に着いた。時々雲が流れて麓のほうが見える。大磯の湘南平、平塚、横浜の町が見える。しばらく休憩の後、阿夫利神社下社を目指して出発する。登りと違い石だらけの急な下りだ。濡れている所もあって、滑らないよう慎重に下る。途中、三ノ塔がきれいな姿を見せてくれた。改装もすっかり終えた阿夫利神社下社を通りケーブル駅へ向かう。タイミングよくケーブルカーは直ぐに出た。
ケーブル駅追分を降りてすぐの、かんき楼に着く。2年前初めての水歩会初山行の帰りに寄ったところだ。値段が手頃なのと入り易いのがいい。途中、携帯で連絡しておいたので準備をしてくれているようだ。沢音を聞きながらビールで乾杯する。うまい!ビールだけでは足りなくて、地酒も追加する。豆腐料理を肴に賑やかなひと時を過ごしてお開きとなった。

momo:三日間続いた雨に半ば諦めていましたが、はなさかさんの英断に憧れの大山に登る事ができました。大山は冬の晴れた日など我が家の近くから、手に取るように近くに見ることができます。その度にいつも、登ってみたい・・・霊験あらたかな山、美味しいお豆腐料理が食べられる山でした。両方とも叶えられて大満足です。見晴台から山頂までの登りは私にはちょっときつかったです。

ふくろう:今回ははじめて、雲に覆われた大山になりました。以前登ったときは雲一つなく、当たり前のように頂上からの雄大な景色、富士山を眺めていました。しかし雲の切れ間から下界が見えるか見えないかの、山行もなかなか良く、むしろ雲があるためにより雄大なスケール感を感じました。
瀬音の茶屋も風雅で、確かに食事というものは五感をフルに使って食べるものと、つくづく実感しました。秋がそこここに感じられる久しぶりの大山でした。


ミミ:水歩会二周年を祝って豆腐料理を楽しみに参加。大山といえば5月の大山三峰でヒルの洗礼を受けた。はなさかさんに、この時期には、ヒルはいないと聞いて登り始めるが、私にだけヒルは、付いてきた。雨上がりだからかもしれない。山頂からは、富士山は見えませんでしたが、人も少なく穏やかで、時折雲の切れ間から見える景色を楽しみました。山頂からの下りは、大きな石がごろごろとこんなに、大変な道とは思わなかった。このコースは登りに取るべき。いつもの事ながら下山後のビールは、美味しかった。記念すべき行事に参加できて良かった。
  クラブツーリズム テーマ旅行
  東京・大阪・京都・名古屋・福岡などを結ぶ快適・格安夜行バス!
  日帰りツアー・ぽけかる倶楽部
  エクスペディア、Expedia
WWW検索
カスタム検索
HOME 山歩きの記録
Copyright (C) 2012 水歩会 All Rights Reserved